夜勤のバイトのメリットとデメリットを考える

バイトと言うと日勤のものだけでなく、夜勤といった形態のものもあるなど、勤務の時間帯はさまざまです。夜勤専従 バイトでは、深夜手当によって、時給が高くなると言うのが大きな魅力です。効率良くお金を貯めたいと思っている人にはピッタリの働き方とも言えます。ただし、いいことばかりではありません。昼と夜とでは街の様子は大きく変わります。人の多さもそうですし、人の種類もちがうものです。夜勤のバイトの通勤途中で、柄の悪い人が出歩いていたり、酔っ払いがいたりして、からまれてしまうこともないとは言えません。周りに人が大勢いれば、それだけでもこうした事件の抑止力となるものですが、夜と言うのはこういった効果があまり期待できるような状況ではありません。女性はもちろん、男性もさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性もあるという危機意識を持っておいた方が良いでしょう。また、家族がいる場合には、家族と一緒に過ごす時間が減ってしまうことも考えられます。家族間ですれ違いが起きないよう、協力したり工夫していく心がけが大切です。

夜勤で眠い方のために役立つマメ知識の紹介

夜勤の間に眠気がおそってきて、困ってしまった。そんな経験をお持ちの方に、今回は役立つマメ知識をご紹介します。眠いと感じたときは、まず光を浴びることが効果的です。光によって、生体リズムを昼の状態に戻すことができるため、スマートフォンやパソコンの光を浴びることが効果的になります。夜勤明けには光を避けて、身体を休息モードに戻して、しっかりと休息がとれる環境づくりをしましょう。休憩中にガムを噛む、硬いお菓子や嗜好品をとることも、目を覚ますのに効果的です。もし、仮眠をとることができるのであれば、眠いと感じたときには寝てしまうのもひとつの手です。仮眠の際には、深い眠りに入ってしまう前の15分から20分の間に目覚めるように気をつけていれば、すっきりと起きることができ、その後の仕事にひびくこともありません。夜勤中、椅子に座っているのであれば、その場で立ってみる。眠いと感じたときに近くに階段があるのであれば、軽く昇降を繰り返してみても良いです。

夜勤仕事を続けていると起きる!こんな辛い事

夜勤仕事で一番辛いことは、やはり生活リズムが崩れることです。夜勤明けで朝に眠るという生活を続けていると明らかに体にだるさを感じます。また他人と活動の時間帯が異なるので、外出をするにもお店が開いていないという事も多く、友人と遊ぶにも予定を合わせづらいので、遊ぶのは大抵同じく夜勤をしている人が中心となります。また睡眠を取るにしても日が昇っている時間帯では熟睡できないのは辛いです。カーテンを閉めても日光を完全に遮断できるわけではないし、日中は活動している人間も多いため外から騒音が聞こえてきて安眠を妨げられます。そうして満足な睡眠も取れないまま出勤、という生活を続けていると体を壊しかねません。そうならないためにも耳栓とアイマスクは夜勤をしている人の必須アイテムです。日光も騒音も完全に遮断して質の高い睡眠が取れます。最後にこれは接客業の方限定ですが、深夜というのは客層が悪いです。理不尽なクレームをつけられて思わぬ辛い目に遭うことも少なくはありません。

夜勤の食事について、気をつけておくべきこと

人が休んでいる間に働き、夜が明けてから休息に入る夜勤勤務の方は、食事内容や時間帯に困ることがあるのではないでしょうか。とくに夜勤明けは身体が疲れているため、甘いものが欲しくなったり、必要以上に食事を多くとってしまいがちです。また、体内時計のリズムも狂いがちですから、しっかりと生活リズムを整え、栄養をとって次の勤務に備えることが必要になります。今回は、このような時に役立つ知識をご紹介します。夜間と昼間では、内臓機能が低下するため、身体は脂肪を蓄えやすくなっています。このような時に甘いお菓子やカップラーメンをとっててしまうことは、肥満の原因になりかねません。エネルギー代謝が低下しているため、消化の良いタンパク質・野菜中心のメニューをとるほうが、身体に負担をかけずにすみます。夜間は内臓が冷えやすいため、あたたかい野菜スープや味噌汁など、身体をあたためるメニューを優先的にとると良いです。夜勤明けにたっぷり食事をとってしまうことは、夜中の就寝前に間食をしてしまってから寝るのと同じことになります。夜勤明けで疲労した身体を労わるためにも、寝る前は少なめにして、ゆったり眠ると良いでしょう。

夜勤が人間の身体におよぼす思わぬ悪影響とは?

時給がいい仕事と言われてパッと思いつくのは、肉体労働や夜勤の仕事です。夜勤が人間の身体におよぼす思わぬ悪影響をご存知ですか?夜勤は単純に眠くて辛いとか、世の中と生活のリズムがずれてしまうなどのほかにも、実際に身体に悪影響を与えることがわかっています。本来人間は太陽を浴びることでセロトニンという脳内物質が分泌されます。脳内の情報伝達に使う物質で、やる気や満足感などを得るために非常に重要な物質です。夜勤をする生活を続けていると、このセロトニンがうまく分泌されなくなり、脳内伝達物質のバランスが崩れることで精神疾患が起こるとされています。パニック障害やうつ病などの患者で多いのが、夜眠れなくなり明け方に寝てしまうという症状です。こういった精神疾患の治療には、とにかくセロトニンを増やすため朝の光を浴び、バランスの良い食事をして、運動をするようにと言われます。昼夜逆転の生活に強い人、弱い人、生活の為に夜勤で働かざるをえない人もいるでしょうが、少なからず身体への悪影響があることを思い出し自分の身体に耳を傾けながら働くことが大事です。

夜勤に従事することでもたらされるイライラについて

夜勤に従事していると、イライラが募ることがあります。目の前にある仕事を、果たして無事済ませて帰宅することができるかどうかという、時間的な拘束に常につきまとわれています。各種交通機関を利用しての通勤の場合ですと、最終電車に間に合うかどうかを気にしながらの業務になります。夜勤の時間帯は、人間の体内リズムからしても、休息に移行する段階にあります。それに対して、夜勤をこなすということは、体内リズムとは逆行する形になります。イライラは当然のごとく現れます。宿直などのように、仕事場に連動する場所で、休息や睡眠を確保することが約束されているのであれば、まだそのイライラを緩和させることはできますが、自宅の寝室とは異なり、決して落ち着いた状態という訳ではありません。夜勤のあいだは、神経をすり減らす作業よりも、得意とする分野の中で、少しでも心が落ち着く作業を選択することのほうが、仕事の効率アップにつながることになります。

このページの先頭へ